他好き 結婚

結婚目前で他好きされたときは

スポンサーリンク

どのような形であれ、別れというのは辛いものです。
数ある別れの中でも特に精神的につらいものとしては、他好きで別れてしまうものが挙げられるでしょう。
つまり、他に好きな人ができてしまったから別れてほしいといわれるものです。
これだけでも十分に悲しいものなのですが、結婚を目前としているときや、そこまではいかなくても、結婚を意識していたのにもかかわらず他好きで相手が離れていってしまったような場合です。
このようなときにはいったいどうすればいいのでしょうか?
まず、婚約までしてしまっていたという場合には、相手と納得がいくまで話しましょう。
結婚する約束をしていたというのにも関わらず、それを破談にするというのはそれ相応の責任が伴います。

スポンサーリンク

場合によっては相手のご家族も交えて、どのようにするのか話をしましょう。
ここで泣き寝入りになってしまうと、後々自分の心にも傷がついてしまい、前に進むことができなくなってしまいます。
そのまま人間不信になってしまうということもあります。
そうならないように、きちんと自分の言いたいことは相手にぶつけて、両者が納得できるまで話をするようにしましょう。
また、婚約はしていなかったまでも、結婚を意識していたという場合でも、相手にその気持ちを持っていたということは伝えておいた方がいいでしょう。
自分はあなたと結婚したいと思うほど好きだったということは、言葉として表現しておくだけでも後々自分の心に後腐れがなくなることが多いようです。
それによって相手は戻ってきてはくれないかもしれません。
ですが、きちんと自分の気持ちを吐き出すことが何よりも大切なのです。
それがないと、前に進むことができなくなってしまうこともありますので、立ち止まって辛い思いをしてしまわないように、自分の気持ちには正直になっていたほうが一番です。

スポンサーリンク

 

 

どうしても別れた恋人を忘れられないなら…

 

失恋してしまったとき、

 

「早く忘れて、次に行こう!!」

 

などとアドバイスされることも多いですよね。

 

その助言はもっともなのかもしれません

 

でも、本当に大好きだった恋人のことは簡単には忘れられませんよね

 

どうしても別れた恋人と復縁したいなら、

 

一度冷静になって復縁するための方法を学ぶことが大切です。

 

以下などは参考になりそうなので、よろしければご覧くださいね。

 

 

>>>復縁するための方法<<<