復縁 告白 保留

復縁を持ちかけられた時の告白の保留

スポンサーリンク

一度別れた相手と再びよりを戻す場合、告白されてすぐに返事するよりも一旦保留にする方が冷静に考える事ができます。
冷静になる事で別れた理由を整理できるし、再び付き合う事で上手くいくのか客観的に考えられます。
けれども冷却期間を置かずに復縁をしてしまうと、また同じような事で上手くいかなくなり距離が余計広まる可能性もあるため、お互いのために必要な期間です。
冷却期間は数日では少なく落ち着いて考えられるよう数カ月以上は取ります。
そして改めて考えた時に自分にとって必要な人かどうか見定め、必要と考えれば復縁をし不要と考えればきっぱり断る勇気も必要です。
相手も一生懸命告白してくれているので、その気持ちをくみ取り丁寧に対応する事が大切です。
復縁後は付き合っていた当時と同じ状態に戻る場合もあれば、ギクシャクした状態にもなります。
一緒に過ごす時間が二人の関係に変化をもたらすため、同じ時を少しでも長く過ごす事で解消されます。

スポンサーリンク

復縁をする場合、前回の別れの原因を思い出す事も大切です。
告白を一旦受け入れてしまうと後には引けないため、保留期間中に考える必要があります。
また離れていた期間は互いに知らない事も増えているので、その溝をどうやって埋めるかも大切です。
これらの点については話し合いの時間を持つ事で理解を深められるため、思い切って真っ正面から聞くのも一つの方法です。
隠し事をせず何でもさらけ出せる関係となれば、空白の期間もすぐに埋まります。
そのような関係になるには自分自身も歩み寄る必要があり、双方が同じスピードで同じ目線で考える事も大切です。
そして自分の感情をコントロールし、周りの環境や気持ちに左右されずブレのない心の落ち着きを持つ事も大切です。
復縁するための行動と本当の気持ちを見分けるためには、再び出会ってから半年以上見守る必要があります。
出会ってすぐは居心地の良い振る舞いでも、数カ月たつと変化する可能性があるためです。

スポンサーリンク

 

 

どうしても別れた恋人を忘れられないなら…

 

失恋してしまったとき、

 

「早く忘れて、次に行こう!!」

 

などとアドバイスされることも多いですよね。

 

その助言はもっともなのかもしれません

 

でも、本当に大好きだった恋人のことは簡単には忘れられませんよね

 

どうしても別れた恋人と復縁したいなら、

 

一度冷静になって復縁するための方法を学ぶことが大切です。

 

以下などは参考になりそうなので、よろしければご覧くださいね。

 

 

>>>復縁するための方法<<<